浜松の快活クラブで昼過ぎまで仮眠


ちょっと寝すぎた


輪行状態にして、一緒にネカフェへ持ち込んでた自転車を組み立てる


そうこうしているうちに15時近くにやっと出発


浜松を越えるとすぐに浜名湖
JPG (2)

先行しているチームメンバーは伊良湖港から鳥羽港までフェリーに乗ったらしい


自分はフェリーの待ち時間などが嫌なので名古屋を通って行くことにした


その方が遠回りだけど


そう決めちゃったのだから、行くしかない




ちょうど一日前に、同じ道をメンバーが走っていったのか


皆は一日100〜150kmくらいのペースで進んでいるようだ


明日の朝8時までに、浜松〜和歌山の350kmを走りきれば追いつく


行けそうだ


ただ、今まで一日で走った最高距離は


去年軽井沢まで行った200km


350kmなんて想像できない


想像できなくてもいいか






ただひたすらに東海道を走る


同じような景色


もう100kmくらい来たかな?とサイコンを見たら


まだ30kmくらいだった・・・。


名古屋が遠い


いつまでも静岡


時間が経つのが遅い


名古屋遠し





結局名古屋に到着したのは夜になってからだった


浜松からほとんど何も食べてない


セブンで適当にから揚げとか食う


食欲が無い


無理やり入れる


朝まで走り続ければ和歌山港いけるか







そのまま三重県に突入


鈴鹿あたりから嫌な予感がしてくる


街じゃない


山だ


22時過ぎ


コンビニがいつまでたってもない


車がばんばん通る大通りの端


歩道を歩いている人が一人もいない


心細くなってくる


まぁ奈良まで抜ければ大丈夫だろう


とにかく前に進もう









そして0時過ぎ


東海道から大和街道へ入る


ここからは記憶の欠落と文才の無さで


うまく書けないので省略しますが


人生で一番怖い思いをしました


夜中に山を一人で走る恐怖といったらもう・・・。











伊賀を超え


天理を越えたあたりで朝


極限状態


すき屋で頼んだカレーを一口しか食べれず、ほぼ全て残してしまう


こいつはまずい


平地で時速10km程度しか出ない


寝ないとやばいけど、寝たら間に合わない



眠眠打破やらレットブルやらを流し込む


もう辛かった


ただただ大和街道を走った


五条あたりから青看板に和歌山の文字が出て


ちょっとペース上げた





そして和歌山港到着


JPG (2)
JPG (2)

約20時間


走りきった


もう高知とかどうでもいい


20代最後の夏を走りきった


感無量